展示会におけるSNSの効果的な活用法とは

見込客と繋がる

見込客と繋がる


SNSは一般ユーザーが趣味として利用したり、他のユーザーと繋がりを保つために使うだけでなく、新規顧客を獲得できたりブランディングにも役立つため、ビジネスを拡大させるために企業のマーケティングにも活用されることがあります。
SNSの活用の仕方は様々ですが、展示会においても効果的な活用法があるため、今後、出展する予定のある企業は、その活用法について知っておくことが大切でしょう。
活用法の一つは、見込み客とつながるためです。
SNSはB to Cが対象としてマーケティングに役立たれるケースが多いですが、B to Bにも効果的なのです。
FacebookやTwitterなどで見込み客となりそうなユーザーと繋がるために、見つけてもらえる使い方をしてみてはいかがでしょうか。

認知度を高めて情報提供

認知度を高めて情報提供


ブランディングのためには認知度が重要です。
SNSに投稿し続けるのではなく、見てもらえる人を増やすためにパンフレットや名刺などにSNSの情報を掲載しましょう。
QRコードも簡単に作成することができるため、印刷して配布すると見つけやすくなります。
展示会の内容が決まったらSNSで告知をしてください。
認知度を高めて見込度の高いユーザーと繋がることができれば、後は展示会のスケジュールなど詳細を伝えるだけです。
しかし、単に投稿するだけでは興味を引くことができない可能性があるため、イベントを企画することやプレゼントを用意しておくといいでしょう。
来場することで得られるメリットを伝えると興味を示してもらいやすくなります。
また、それぞれに適したコンテンツも作成したり、関係者のブログ、関係のあるニュースにコメントをするなど、積み重ねて活動していくことがポイントです。
すぐに効果は現れない可能性もあるため、展示会の数週間前から行いましょう。
事前に取り組んでおくと、関係者の間でも認知度が高まって当日の集客率も高めることが可能です。
このように、展示会におけるSNSの効果的な活用法があります。
これ以外にも様々な活用法があるため、工夫しながら取り組んでみてはいかがでしょうか。