展示会で反響を得るための方法とは

ただ参加するだけでは成果につながらない

展示会はただ出展するだけでは反響を得ることはできません。
実際に、これまで何度か出展してきたけど予想していたほど反響がなかったという会社もあるのではないでしょうか。
出展にはお金がかかるため、何度も失敗しているわけにはいきません。
成果を出す方法を知った上で展示会に参加しましょう。
方法の一つは、しっかり準備することです。
準備といっても、ブースを設営したり資料を作成するなどではなく、戦略を立てたり目標を設定することを言います。
もちろん、ブースの見栄えや記載ミスがなくわかりやすい資料を作ることは大切ですが、戦略や目標がなければ動き方が決まりません。
なぜ、展示会に出すのか、何を宣伝したいのか、どのようなターゲット層に何を感じてもらいたいかなどを明確にしてください。
このようなことを決めたら訴求内容を考えていきます。
例えば、商品の展示方法やキャッチコピーなどの伝え方です。
一つのコンセプトに沿って訴求内容を考えていきましょう。

目標数値を設定して分析

目標を設定していれば後から結果を分析することができます。
事前に名刺獲得枚数を決めたり、商談につながった数、成約の数、売り上げなどそれぞれ数値を決めてください。
また、事前に告知することも重要なポイントです。
参加することを伝えておくことで、普段なかなか会えないお客様に会う機会を作ることができたり、新規顧客側から直接訪問してくれる可能性があります。
報告手段も様々ですが、招待状を届ける時は捨てられないように封筒のデザインにこだわったり、説明資料を同封するなどの工夫をしてください。
新規顧客に対してはターゲットが決まっていればDMでのアプローチが効果的です。
あらかじめ得られるメリットを伝えることができれば、ブースに訪問してくれる可能性が上がります。
また、アプローチしたことで訪問につながったお客様は確度が高いため、商談や成約にもつながりやすいです。
このように事前準備をしっかり行って挑めば反響を得ることができます。
思った以上の成果が得られなくても、目標で設定した数値を分析して次につなげることが大切です。