展示会ブースで失敗しないデザインとは

陥りやすい失敗とは

陥りやすい失敗とは


展示会に出展する際は、ブースのデザインにもこだわりましょう。
来場者への声かけの仕方や製品の質はもちろん大切なことですが、自社のブースで足を止めてもらうためには、ブースの見た目も重要なポイントになってくるのです。
自分たちはおしゃれだと思っていても、来場者の目を引くことができなければ失敗に終わってしまう恐れがあります。
失敗しないデザインについて知り、参考にしてみてはいかがでしょうか。
はじめに、展示会ブースのデザインで陥りやすい失敗があります。
それは、とにかく派手にしてしまうこと、アピールポイントを多く取り入れてしまうこと、来場者が近づきにくい空間になってしまっていることの3点です。
派手な方が目に留まりやすいというイメージがありますが、どの出展者も目立とうと考えているため、派手さにこだわると埋もれやすくなります。
アピールポイントについては、自社製品の魅力をたくさん伝えたいものですが、多すぎると一つ一つのポイントの印象が弱くなってしまい、効果的ではありません。
お客様が近寄りにくい空間は警戒心を抱かせている証拠であるため、来場者の目線になる必要があります。

失敗しないために意識したいこと


失敗しないためのデザインのポイントは、会社や製品のイメージを立たせることです。
展示会にはたくさんの会社が出展するため、来場者が一つのブースを見る時間は短いです。
しかし、企業や製品のイメージを伝えることができれば覚えて帰ってもらうことができます。
コーポレートカラーで統一し、ロゴを取り入れて覚えてもらいましょう。
また、わかりやすさも大切です。
コーポレートカラーでまとまっていても、どのような製品があるのか、事業内容などがわからなければ意味がありません。
キャッチコピーなどを取り入れてわかりやすくしましょう。
入りやすい空間を作るために、中の様子がわかりやすいように設計することもポイントです。
開放感があり、奥まで見渡せるレイアウトを考えてみてください。
このように、会場を作っていくためには様々なことに気をつけなければなりません。
出展したことが無意味にならないように意識してみてはいかがでしょうか。