展示会開催にあたっての注意事項

展示会の開催


展示会の出展を計画している企業もあるでしょう。
企業は新規顧客を獲得するために、展示会に出展して商品やサービスをアピールします。
展示会ではBtoB形式で開催されることが多く、直接、商品やサービスの説明ができるため、その場で受注が決まることも多いです。
また、大規模な展示会では開催期間も長く、多くの来場者も見込めるため、企業にとっては大切なイベントになります。
受注につなげるためには、顧客を呼び込めるブースづくりや、どのような価値があるのかを分かりやすく展示する必要があるでしょう。
何のブースだか分からないような展示では、せっかくのチャンスも逃げてしまいます。
多くの来場者が目に留まるような装飾や、話を聞きたいと思うようなオープンな雰囲気が重要です。
しかし、展示会開催には注意事項もあるため、知っておきましょう。

展示会で気をつけること


多くの企業が出展している展示会では、より目立つようにと各社がアイディアを持ち寄り様々なアピールをしています。
自社のアピールのことばかりを考えて出展してしまうと、後のトラブルに発展してしまう可能性もあるため注意が必要です。
例えば、撮影を禁止している展示会もあります。
特に、BtoB形式の展示会では撮影禁止が多いようです。
展示会の模様を撮影して、広告やSNSに活用しようと思っている企業もあるでしょう。
撮影を決める前に、注意事項に撮影禁止となっていないか確認する必要があります。
また、出展中にはチラシやノベルティが配られることが多いです。
営業活動は自社のブース内のみと決まっていることがあります。
配布してはいけない場所で配布していると、出展の禁止や他社とのトラブルになる可能性もあるため注意しましょう。
商談の際に飲食物の提供を禁止している場合や、配布するノベルティグッズに規定がある展示会もあります。
展示会開催での注意事項を事前に確認することや、出展前にスタッフや営業担当者にも共有することが大切です。